« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月18日 (金)

国道302号の段差改修

国道302号線 守山区松坂町付近の路肩部、排水枡が沈下している問題について、衆院議員本村伸子さんのところで、段差の発生原因、段差がいつ発見されたのか、道路と橋の部分は耐震性に問題はないのかと調査をお願いしてきました。

本日、本村伸子事務所より、国交省からレクチャがあり、その内容について報告をいただきました。
それによれば、
1.段差が発生したのは、「ボックス」部分でその下に土があり、地盤の丈夫なところを選んでいるが、時がたてば施工の誤差範囲で沈むことがある。その部分が沈んだもので、橋自体は沈んでいない。基礎杭のある場所と沈下のある場所は無関係。
2.道路及び橋の耐震性については、道路・橋は1980年基準で作られている。その後阪神大震災があった。しかし、この震災程度の地震があっても、致命的な損壊を受ける状況にはないことを確認している。しかし、国道302号は緊急輸送道路となっている動脈。東日本大震災をみても、緊急輸送道路は大切。よって、単なる守りの姿勢ではなく、今後も耐震性については対応していく。
3.排水枡の改修
排水枡の改修工事を11月24日から30日予定。(工事期間中、路肩規制あり、車線規制は行わない)

私も愛知国道事務所や名古屋国道事務所に電話をかけて、沈下原因や、道路・橋の構造について、聞き取りも行いました。対応していただきました、職員のみなさま、ありがとうございました。改修工事が実施されるという報告はよかったです。段差が解消されて、バイクや自転車も安全に通行できるようになります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

瀬古小、下志段味小で学校給食民間委託拡大が明らかに!

10月14日の教育子ども委員会で、小学校給食の調理民間委託を来年度から5校程度、拡大していく方針が示され、質疑応答が行われました。

共産党の高橋議員は、名古屋市の給食調理員の退職者不補充方針に基づいて、退職者数によって調理業務の委託を拡大していく教育委員会の姿勢について質問しました。
教育委員会は、「退職者不補充の中でも安心、安全で安定的に給食を提供できるように委託を考えた」と答弁。委託が実施された3校で異物混入など事故が4回発生していているにもかかわらず、安全で安定的に委託できているとはいえないのではないでしょうか。栄養教諭と教師と調理員によって給食を通しての食育の実践が弱まっていくことも、民間委託の問題です。

 教育委員会は、10月31日、来年度以降民間委託を行う小学校について、給食食数が800から900である学校の中から、守山区の瀬古小、下志段味小、西区の山田小、緑区の桶狭間小、天白区の天白小とすることを明らかにしました。

 業者選定は、価格のほか、衛生管理の方針や人的体制など業者の提案内容を総合的に評価して入札にて採用します。11月に保護者説明会を行う予定です。
「民間委託」で本当に安全で安定的に給食が提供できるのでしょうか。給食の直営を守っていくために、力を合わせましょう。

「2016116.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »