« 小学校給食は直営自校方式を守れ | トップページ | 瀬古小、下志段味小で学校給食民間委託拡大が明らかに! »

2016年9月24日 (土)

国道302号11センチの段差

Dsc_0070


Map302


Fb_img_1474718759257_2


Fb_img_1474718768769_2


日本共産党本村伸子衆院議員より、守山区の松坂町の国道302号で沈下している場所があるので、現場調査に立ち会ってもらいたい、建築物の基礎工事に詳しい地元住民から、国道の基礎工事の際、くい打ちの段階で不正があったことが強く疑われるので調査をしてほしいと、本村事務所に届いていたことがことの発端です。

9月18日、本村伸子衆院議員とくい打ち工事の問題を指摘した地元住民とその道路に詳しい研究者の方たちと私、くれまつ、環状2号線に反対する運動団体のSさんたちと沈下場所を視察し、その後、地元住民と懇談しました。

Photo


沈下場所は、小幡西インター信号から北へ行ったところ。路肩部分で沈下箇所は最大11センチほどの段差ができています。昨年、社会問題になり、本村議員が衆院国土交通委員会の質問でも取り上げた、横浜市のマンションが傾いた事案でも沈下は4センチ程度でした。

車が通る部分は応急的に補修されていますが路肩には「この先段差あり」との看板が立っており、バイクや自転車での通行は危険な状態です。側面の遮音壁も沈下の影響でひび割れ、隙間ができていました。

本村議員と地元住民の案内で、沈下箇所周辺の建物にまでひび割れが生じている様子も視察しました。

Dsc_0061


告発した住民の方は「工事の施工管理がきわめて不十分で、国土交通省の責任は大きい」「どこまで沈下すれば国交省は責任を認めるのか。この沈下は工事時点では想定していなかったはずだ」と訴えました。

本村議員は「災害時には、こうした郷土の弱い部分から影響を受けるのではないか」と指摘。今後、国交省に当該工事に関する情報開示を求めるなど、実態を明らかにするため奮闘することを約束しました。

国道302号真下は名2環が走っています。沈下場所は、白沢架道橋です。国の責任で実態を明らかにするように、本村議員に追及してもらいたいです。

|

« 小学校給食は直営自校方式を守れ | トップページ | 瀬古小、下志段味小で学校給食民間委託拡大が明らかに! »

コメント

国土交通省の工事では耐震補強のために行う補強工事でのセメン注入のごまかし・・掘削長さの改ざんが横行してます。。
この沈下のすぐ横の基礎くいの破損いついて国土交通省は一切回答がない!
地震が起きると津波が到達する前に長島町の住民は伊勢湾岸道路の橋の上に一斉に逃げなきゃやばいよ~

投稿: kcz0888 | 2016年12月18日 (日) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161049/64251016

この記事へのトラックバック一覧です: 国道302号11センチの段差:

« 小学校給食は直営自校方式を守れ | トップページ | 瀬古小、下志段味小で学校給食民間委託拡大が明らかに! »