« リニア新幹線より安全なまちづくり | トップページ | 大雨・台風に備えた対策を »

2014年10月 2日 (木)

名鉄とJRで敬老パスが使えるように!

昨年12月に「敬老パスの充実を求める守山の会」をつくり、敬老パスの制度拡充の運動を始めてきました。

地下鉄が走っておらず、市バスは1時間に1本で不便な守山区です。敬老パスをもらっている人は、他の区に比べて低く、市内で5番目に交付率の低い区になっています。
交付率の低いところは、南区、中川区、港区、緑区、守山区という順(平成23年度)。
市周辺部は、JRや名鉄、近鉄と民間交通機関が走っているのです。
今年から、敬老パスの負担金をあげないことと、名鉄とJRで敬老パスが使えるようにすることの2点を市長にもとめる署名運動をとりくんできました。名鉄瀬戸線の駅前、駅周辺の集合住宅で署名を呼びかけると、高齢者の方はほとんどの方が快く署名に協力していただけます。
ひと月に1回のペースで守山の会のメンバーで署名にとりくんで1000名を超える署名が集まったので、9月8日、敬老パスの制度を担当している健康福祉局高齢福祉課に署名1254筆を提出してきました。Photo
Blg署名提出の際に、敬老パスのICカード化の予算や利用拡大の見通しについて懇談をしました。
敬老パスのICカード化を福祉課として検討し予算編成で要望すること、名鉄・JRの拡大には25億円かかるが、健康福祉局は政策的な予算を除いて予算カットが命題となっていると後ろ向きな発言でした。
財源問題は・・
現在の経費140億円に25億円(この金額も過大評価ではないか)を加えても市の予算の1%程度です。天守閣木造再建や金持ち減税に税金を使うより、市民の福祉に税金を使うべきではないでしょうか。
敬老パスによる健康維持効果で医療費抑制となり、マイカー使用が減ってCO2削減効果があり、経済効果316億円(名古屋市が試算している)と言われています。
敬老パスの名鉄・JRへの利用拡大を求める署名活動に引き続きとりくんでいきます。
みなさん、ご協力をお願いします。数が力になります。
お城を再建するより市民のくらしを立て直すのが自治体がやるべきことです。
大風呂敷広げて大型開発箱ものを作るより、市民のくらしをどうやって守るのか、
河村市長の予算に賛成ばかりしている議員は入りません。市民の願いを議会に届けて、みんなの暮らしをよくするために働いているのは、共産党の5人の議員です。
守山区から再び私を議会に送っていただき、敬老パスの利用拡大実現に全力をあげます。
敬老パスの経済効果も消費税が10%になると家計を直撃し、効果はかき消されてしまいます。安倍首相は経済動向をみて10%に上げるか判断すると言っています。10%増税なんてとんでもない!増税ストップの運動も広げましょう。
Senndenblg

|

« リニア新幹線より安全なまちづくり | トップページ | 大雨・台風に備えた対策を »

コメント

コピーモンクレール専門店
当サイトはモンクレール全品(新品/スーパーコピー品)を
販売しているの専業通販店舗です。
主にモンクレールダウン、モンクレール ダウンジャケット、
ダウンコート、ダウンベスト、モンクレールメンズ、
モンクレールレディースを取り扱っています。

投稿: ロレックス スーパーコピー サクラ grep | 2021年9月 5日 (日) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄とJRで敬老パスが使えるように!:

« リニア新幹線より安全なまちづくり | トップページ | 大雨・台風に備えた対策を »