« | トップページ | しだれ桜は咲きはじめています »

2009年3月26日 (木)

こどもとお年寄りの複合施設が誕生

324jidouhoumenosyokudou 3月24日、廿軒家に和進館児童ホームと特別養護老人ホーム守山豊生苑が完成し、開所式が行われました。1階と3階が児童養護施設で、小学2年生までのお子さんが入る予定で、明るいきれいな部屋でした。フロアには台所と、個室などがあり、3階には親子で過ごせる部屋もありました。家庭的な雰囲気であたたかい感じのするところでした。1階には、地域交流室として広い部屋もありました。

324houseienkositu 2階が、特養になっていて、定員29人ですべて個室、部屋には洗面台があり、わりと広いかんじでした。機械を使って入浴する浴室もありました。3つのエリアに別れ、夜間は2名の職員体制で職員は15名だということでした。

子どもの施設とお年寄りの施設がいっしょになっているのは、ふれあうことできてとてもいいのではないかと思いました。特養は入所希望の人が多いので、100人ぐらいの大規模施設も整備をしていかないといけないと思います。

|

« | トップページ | しだれ桜は咲きはじめています »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどもとお年寄りの複合施設が誕生:

« | トップページ | しだれ桜は咲きはじめています »